FX業者の闇

FX業者には大きく分けて2つのタイプの業者がある。

FX業者にはご存知の方もいると思いますが、2種類のタイプの業者があり、世間ではよくA-book・B-bookと呼ばれています。

ではこのA-book・B-book何がどう違うのか?どういうメリット・デメリットがあるのか順に説明していきます。

A-bookとは?

A-bookとはNDD方式【STP方式、ECN方式】など採用するFX業者です。

トレーダーが注文すると、同じ注文をインターバンク(レート配信している大元のレート)に直接してスプレッドのみで収益を上げています。

ですので、顧客(トレーダー)が利益、損失をどれだけ出そうが取引を沢山してくれれば基本的には優良顧客なので大歓迎。となります。

A-bookのメリット

A-bookはレート操作や出金の問題がない。

A-bookは、顧客(トレーダー)が注文したポジションを同様に、インターバンクに注文し、スプレッドで利益を上げているのでトレーダーが利益を上げすぎても、業者自体が損失を被る事が基本的にないので巷で見かける出金拒否などのリスクが減ると共に、レート操作などの不正を行う必要性がないので透明性の高い業者が多く、安心してトレードが行える。

A-bookのデメリット

A-bookは手数料高め・約定拒否・ボーナスなどが基本ない。

A-bookは手数料全般が比較的高め【スプレッドが広い・ポジション持つ際の手数料があるなど】です。

また大ロットでの注文や、高速頻度(スキャルピング)での取引の際にインターバンクのカバー先サーバーに負荷がかかるような取引を嫌います。そうすると約定拒否やスリップページ(注文が滑る。注文に出したレートと違うところで約定)などが起きやすい。

ボーナスなどのキャンペーンが基本的になく、スプレッドもB-book業者に比べて低めに設定されてます。

B-bookとは?

B-bookとは簡潔に言えばノミ業者です。

ノミ行為とはインターバンクに注文を流さず、そのまま顧客の注文を呑むことを言います。顧客が利益を出すとFX業者が補填し、顧客が損失を出せばそれがFX業者の利益になるという事です。

なぜこういう事を行うかというと統計上ほとんどの顧客が負けるというデータが出ている為それなら呑んだ方が単純に会社の利益になる。という事でそういう事をしています。FX会社も商売なので商売原則で言えばそうなります。※勝ち続ける人は1%。

B-bookのメリット

B-bookは約定拒否が少ない。レバレッジ高め・キャンペーン多い。

B-bookは、顧客(トレーダー)が注文したポジションをインターバンクに注文しないので、そのまま注文が通る可能性が高いです。

大ロットでも基本注文は通ります。今までの検証、経験からみると100万通貨【日本業者だと100枚・100Lot、海外業者だと10Lot表記】辺りから約定拒否や約定滑りが起きやすい。※業者によっては5枚・10枚・30枚・50枚辺りからも注文の感覚が変わってきます。

またレバレッジが高く、入金ボーナスなどのキャンペーンも多いです。

B-bookのデメリット

B-bookは口座凍結・出金拒否・レート操作などが行われている。

B-bookは出金拒否がかなり頻発しています。また利益を上げすぎると口座凍結(取引停止)になります。ちなみに僕はかなりの業者から出禁です・・・泣

本当にひどいとこはレート操作してます。昔、某業者なんて、付いてもいないレートで約定させてきましたから確実にやってますw

これは専業で約定時コマ送り動画でも撮らないと気付きません。あと約定時レートチェックが重要。※これをFX業者に言っても基本的に受け付けてくれません。なぜなら約款に書いてあるので必ず口座開設時に同意させられます。すげー商売だ・・・w

A-bookとB-bookどっちがいい?

上記までの件を踏まえるとA-bookとB-book結局どっちがいいのかって話になってきます。

僕は手法によって分けてます。これが重要!

A-bookに合ってる手法

  • 裁量トレード全般
  • EAなどの自動売買
  • 基本的スキャルピング以外の手法※スキャルピングも場合によっては可。

B-bookに合ってる手法

  • 指標時などの急変動相場時のスキャルピング
  • 高速で売買を行う手法(自動売買も含む)

A-book・B-bookにも使える手法

  • アービトラージ
  • ボーナスを応用した手法

結果的には上記の内容から検証し始めて、最終的にいろんな手法に合わないか試していく感じです。

詳しいことは今度noteにでもまとめてみようかな。

Source: @ねこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL